【簡単!失敗しない!】WordPressサイトの移行方法2選

345view

【簡単!失敗しない!】WordPressサイトの移行方法2選

WordPressサイトを運営していて、「今より安いサーバーに移行したい」「最近契約しているサーバーが重くなってきた」などで、
サイトの移行をしたいけど、何をどうしていいかわからない…。
初心者でも簡単で失敗しない方法はあるのかな?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • プロが使う失敗しないWordPressサイトの移行方法を2つご紹介
  • WordPress移行方法その①:プラグインを使う方法
  • WordPress移行方法その②:手動でやる方法

本業がWebデザイナー兼フロントエンドエンジニアの僕ですが、ほぼ毎日WordPressでサイトを作ったり、更新をしたりしています。
その際、サイトのリニューアルに伴いサーバーを移行したりすることは日常茶飯事です。


もちろん仕事なので、サイト移行が出来なかった等の失敗は絶対に許されません
そんな日々の経験から、プロの現場で実際にやっているサーバー移行の方法を今回はご紹介していきます。

WordPress移行方法その①:プラグインを使う

WordPressといえば手軽に機能を拡張できるプラグインですよね。サイト移行用のプラグインも存在します。
プロの現場でも、情報漏洩を防ぐためにクライアントのサーバーに接続させてもらえないときは、WordPressのプラグインに頼ります。

サイト移行用のプラグイン:All-in-One WP Migration

サイト移行用のプラグイン:All-in-One WP Migration

僕の場合は、「All-in-One WP Migration」を使っています。
All-in-One WP Migration」は、WordPressの管理画面上で簡単にデザインテーマ、プラグイン、データベースなどを丸ごと移行できるプラグインです。
専門的な知識がなくても簡単に移行ができるので、サイトの移行が初めての方におすすめです

All-in-One WP Migrationを使ったWordPressサイトの移行方法を解説していきます。

手順①:「All-in-One WP Migration」をインストール

まずは、管理画面からプラグイン「All-in-One WP Migration」を新規追加します。

管理画面からプラグイン「All-in-One WP Migration」を新規追加

❶管理画面の左メニューからプラグインをクリック
❷新規追加をクリック
❸キーワードに「All-in-One WP Migration」を入力
❹今すぐインストールをクリック

ここで注意して欲しいのが、「All-in-One WP Migration」のプラグインは移行元と移行先の両方にインストールしてください。
移行元からサイトをエクスポートして、移行先にサイトをインポートする際に「All-in-One WP Migration」を使用するからです。

移行先のサーバーがエックスサーバーの方はこちらの記事の方法で簡単にスタートできます。

手順②:移行元からサイトをエクスポートする

次に移行元の管理画面からサイトをエクスポートします。

❶管理画面の左メニューからAll-in-One WP Migrationをクリック
❷エクスポートをクリックの順にクリックします。

文字列の置換と高度なオプションでエクスポートしないファイルを選択することができますが、必要がなければそのままで大丈夫です。

ただしエクスポートしたファイルのサイズが「512MB」を超える場合、無料版だと移行先にインポートすることができないため、サイズを減らすならあまり必要なさそうなスパムコメントや投稿リビジョンなどはエクスポートしない方がサイズを節約できます。
それでも512MBを超える場合は、容量制限を増やす有料エクステンション(拡張機能)があります。

「エクスポート先」をクリックするとプルダウンでデータの種類が選択できます。ここでは一番簡単な「ファイル」を選択します。

ファイルをクリックするとデータを作るのに少し時間が掛かります。データが完成したらダウンロードしましょう。

手順③:移行先にサイトをインポートする

最後に移行先の管理画面からサイトをインポートします。
「移行先の管理画面」→「All-in-One WP Migration」→「インポート」の順にクリックします。

❶移行先の管理画面の左メニューからAll-in-One WP Migrationをクリック
❷インポートをクリック
❸手順②でダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップでインポートします。

インポートが始まると以下の画面に切り替わります。

インポートが完了すると下記の画面が出てきます。

問題なければ「開始」をクリックすると移行元のサイトが反映されます。


プラグイン「All-in-One WP Migration」の移行はこれで以上です。ややこしい設定がないので簡単ですね!

WordPress移行方法その②:手動でやる方法

もう一つは手動で確実に移行する方法です。普段仕事ではこちらの方法で確実にミスなくWordPressサイトを移行しています。
手動の場合は、多少知識がないと難しいかもしれませんが、順番通りに一つ一つ進めていけばできるので試してみてください。

手順①:移行元のサイトからファイルをダウンロードする

まず始めに移行元のサイトからファイルをダウンロードします。
ファイルとはWordPressの本体やアップロードした画像などを指します。

デスクトップにフォルダを作り、FTPソフトを使って丸ごと作ったフォルダにダウンロードします。
FTPソフトは私の場合、有料のTransmitを使用していますが、
無料でも問題ないので、WindowsならFFFTP、MacならFilezillaあたりが有名です。

移行元のサイトからファイルをダウンロードする

ダウンロードできたらフォルダを複製してバックアップしておきましょう
もし今後、不具合が発生してもこのファイルを戻せば元通りになるので安心です。

手順②:移行元のサイトからデータベースをエクスポートする

次に移行元のサイトからデータベースをエクスポートします。
データベースとは、サーバーに蓄積されているWordPress情報で主にWordPressの設定や投稿記事などが保存されています。

このデータベースの情報がないと今までの設定や記事が無くなってしまうので要注意です!

あと余談ですが、エクスポートとダウンロードの違いは、取り扱うのがファイルかデータの違いです。
エクスポートの場合はアプリケーション内のデータを書き出すことで、
ダウンロードはファイルをサーバー等から取ってくることです。

データベースのエクスポート方法

エクスポートはレンタルサーバーのコントロールパネルから「phpMyAdmin」へログインして行います。
ログインする際にユーザー名とパスワードを聞かれますので、移行元のWordPressの直下にある「wp-config.php」に記載されているユーザー名とパスワードを入力するとログインできます。

データベースのエクスポート方法

各レンタルサーバーのphpmyadminの場所は、

エックスサーバーの場合

データベース > phpmyadmin(MySQL5.7」をクリックします。

エックスサーバーの場合「データベース > phpmyadmin(MySQL5.7」をクリックします。

さくらサーバーの場合

アプリケーションの設定 > データベースの設定 > 管理ツール ログイン」をクリックします。

さくらサーバーの場合「アプリケーションの設定 > データベースの設定 > 管理ツール ログイン」をクリックします。

ヘテムルの場合

各種設定 > データベース > phpmyadmin」をクリックします。

ヘテムルの場合「各種設定 > データベース > phpmyadmin」をクリックします。

ロリポップの場合

サーバーの管理・設定 > データベース > phpMyAdmin」をクリックします。

ロリポップの場合「サーバーの管理・設定 > データベース > phpMyAdmin」をクリックします。

phpMyAdminへログインすると下記の画面になります。

phpMyAdminへログイン エクスポート

❶ 左のサイドバーからWordPressサイトが使用しているデータベース名をクリックします。
❷ 上部タブの「エクスポート」をクリックします。

下記のような画面になったら、

phpMyAdminへログイン エクスポート手順2

❶ 詳細をクリックします。
❷ 出力をファイルに保存するをクリックします。

最後に一番下の「実行」をクリックすればエクスポート完了です。

phpMyAdminへログイン エクスポート手順3

こんな感じのsqlファイルが手に入れば成功です。

このsqlファイルも複製してバックアップをとっておきましょう。


もし移行先でドメインが変わる場合は、このsqlファイルを書き換える必要があります。

sqlファイルを書き換える方法

まず先ほどのsqlファイルをテキストエディターで開きます。
私は普段、無料のSublime Textを使用しています。シンプルで軽いのでお気に入りです。


開いたら、ドメインを探してすべて一発置換します。
Sublime Textを例にすると下記のようなイメージです。

❶ Findにドメインを貼り付ける
❷ Replaceに新しいドメインを貼り付けます。
❸ 最後に右下のReplaceをクリックすれば置換が完了です。

手順③:移行先のサーバーを準備する

次に移行先のサーバーを用意します。
もうすでに契約しているサーバーがある場合は飛ばしてください。

移行先のサーバーがエックスサーバーの方はこちらの記事の方法で簡単にスタートできます。

手順④:移行元のサーバーのファイルを移行先のサーバーにアップロード

サーバーが準備できたら、手順①でダウンロードしたファイルを、移行先のサーバーにFTPソフト使ってアップロードします。

移行元のサーバーのファイルを移行先のサーバーにアップロード

手順⑤:移行先にデータベースをインポート

手順②でエクスポートしたデータベースを移行先にインポートします。
移行先のphpmyadminにログインします。ログイン方法は、手順②の「phpMyAdmin」へログイン方法と同じです。

移行先のデータベース情報がわからない場合 

エックスサーバーの場合「データベース > MySQL設定」をクリックします。
ただしパスワードだけは記載されていないので、契約したときに届いたメールなどを確認しましょう。

エックスサーバーの場合「データベース > MySQL設定」をクリックします。

さくらサーバーの場合は、「アプリケーションの設定 > データベースの設定」をクリックします。

さくらサーバーの場合は、「アプリケーションの設定 > データベースの設定」をクリックします。

ヘテムルの場合は、「各種設定 > データベース」をクリックします。

ヘテムルの場合は、「各種設定 > データベース」をクリックします。

ロリポップの場合は、「サーバーの管理・設定 > データベース」をクリックします。

ロリポップの場合は、「サーバーの管理・設定 > データベース」をクリックします。

移行先のphpmyadminにログインできたら、

❶ 左のサイドバーから使用するデータベース名をクリックします。
❷ 上部タブの「インポート」をクリックします。
❸ アップロードファイルを選択します。(移行元のエクスポートしたsqlファイル)
❹ 実行をクリックします。

データベース上に何も情報がない(新規作成)の場合はすんなり成功しますが、
もしデータベース上になにかしらの情報があると失敗します。その場合は下記のようにデータベースをすべて削除します。

削除したあとにもう一度インポートすれば成功します。
※削除する際は必ずバックアップを取っておきましょう。

手順⑥:移行先のwp-configを書き換える

移行先のサーバーから「wp-config.php」を開きます。
開いたら移行先のデータベース情報に書き換えます。

必要なのは下記の4つです。
❶データベース名
❷ユーザー名
❸パスワード
❹ホスト名

実際に書き換える箇所は下の画面です。

移行先のデータベース情報がわからない場合は手順⑤を参考にしてください。

以上で手動によるWordPress移行は完了です!お疲れ様でした!

エックスサーバーの場合、もっと簡単にWordPressの移行ができます!

エックスサーバーの場合、他社サーバーでお使いのWordPressを最短5分で簡単に移行できる
WordPress簡単移行」機能があります。

2020年8月13日からエックスサーバービジネスも「WordPress簡単移行」機能が追加されました!

「WordPress簡単移行」機能はWordPressのURLとログイン情報を入力するだけで利用でき、
FTPソフトの操作やデータベースのコピーなどの複雑な操作はいっさい不要です。

また、「WordPress簡単移行」機能では、SSL化されたWordPressサイトもそのまま移行することが可能です。

エックスサーバーに移行予定で、WordPressのサイト移行に不安がある方におすすめです。

もっと詳しい情報は下記の公式サイトからアクセスして、ページの中間ぐらいに、「WordPress簡単移行」の詳細ページがあります。

移行先のサーバーがエックスサーバーの方はこちらの記事の方法で簡単にスタートできます。

まとめ:失敗しない方法は常にバックアップを取ることです

人によってWordPress移行の仕方や順序が違う場合もありますが、一番はミスをしないよう常にバックアップを取ることです。

移行先がエックスサーバーなら「WordPress簡単移行」機能で簡単ですが、
初めてサイトの移行をする方はまずプラグインの「All-in-One WP Migration」で試してみて、だめだったら「手動でやる方法」がいいかもしれませんね。

ってことで今回は以上です。少しでも参考になれば幸いです。

この記事をシェアする