【無料あり】無駄にならない!おすすめプログラミングスクール3校

【無料あり】無駄にならない!おすすめプログラミングスクール3校

これからプログラミングスクールに通いたいけど、失敗や無駄にしたくない人向けにおすすめのプログラミングスクールや選び方をご紹介します。

世の中的にプログラミング需要が高まっていますが、それと同時にプログラミングスクールもかなり増えてきています。[プログラミングスクール]とかで検索するとわかりますが、山のように出てくるので実際どのプログラミングスクールに入ろうか迷ってしまいますよね。

また世間ではプログラミングスクールは「無駄」や「失敗した」と言った意見もあります。
なぜ無駄になってしまった人がいるのか下記で解説していきます。

プログラミングスクールで無駄になった理由や失敗した例

例を出して解説していきます。

ケース1:スクールに通えば何とかなると思っている

もっとも多いケースは「スクールに通えば何とかなる」と思っている人の場合です。
上記の場合は最初から他責思考になってしまっているので、結果がでないと「他者のせい」にして途中で挫折してスクールを辞めてしまい「スクールは無駄」と言ってるパターンが多いです。

プログラミングスクールに限らずですが、100人受講して、100人できるものではありません
なぜなら人によってプログラミングを学ぶ目的も違えば、モチベーションにも差があり、更には学習に使える時間も変わるからです。

自分は今後プログラミングで何がしたいのか?スクールに通う勇気よりも、目標と意志を持つ事が重要です。

ケース2:スクールに通ったはいいけど、そもそもプログラミングが自分には向いてなかった

このケースはスクールに通ってみてわかる場合が多いので、向き不向きや、好き嫌いがあるのは仕方がない事です。
仕事にするにしても好きじゃないと続けていけないですからね。。

ただプログラミングスクールは無料体験無料カウンセリングもあるので、一度無料で試して自分は向いているのか?判断しても良いかと思います。

ここからは失敗しないプログラミングスクールの選び方です。
そもそも何のプログラミング言語を学ぶべきかという話から、おすすめ3校の解説です。

まずはプログラミングスクールで学ぶ言語を決めましょう

まずプログラミングで何を作ってみたいですか?

  • Webサイトを作ってみたい→Web系の言語を学ぶ
  • アプリを作ってみたい→アプリ系の言語を学ぶ

世の中には250ほどのプログラミング言語がありますが、入り口としては好き嫌いで選んでOKです。Webが好きな人はWeb系を学び、アプリが好きな人はアプリ系を学ぶ。これだけです。

さらにいうと、Web系の中でも「PHPなのか?」「Rubyなのか?」といった選択肢があり、アプリ系でも「Pythonなのか?」「Swiftなのか?」といった選択肢があります。

このあたりも好みといえば好みですが、無難な選択肢としては、Web系ならPHP、アプリ系ならYouTubeやInstagramでも使われているPythonです。

その理由は需要が高く仕事になりやすいからです。とはいえ、このあたりはプログラミングスクールのカリキュラムや講師におすすめを教えてもらい検討すればOKです。

すぐに言語を決める必要はありません。ざっくり何を作りたいのか決めておきましょう。

おすすめするプログラミングスクール3校

  • TechAcademy:オンライン完結でプログラミングを学びたい方
  • COACHTECH:オンライン完結でプログラミングを学びたい方
  • テックキャンプ:プログラミング教室でプログラミングを学びたい方

個人的には上記の3校がオススメです。
すべてWeb系でもアプリ系でも学ぶことができます。

プログラミングスクール3社の比較

テックキャンプは近くに通える教室があれば通いつつ学習するのが直接聞けて細かいニュアンスも伝わるのでありですが、
地方在宅ならオンライン完結のTechAcademyとCOACHTECHが良いかと思います。

とはいえ実際にリアルのスクールに通うのは時間がもったいないので、いつでもできるオンライン完結型のTechAcademyとCOACHTECHがおすすめです。このあたりは個人差がありますので続けやすい方を選びましょう。

  • TechAcademy ※今なら、転職できなかったら全額返金制度あり。1プランお申し込むと、49,000円のトレーニングをプレゼント中。
  • テックキャンプ ※14日間の無条件返金保証もあり。転職できなかったら全額返金制度あり
  • COACHTECH ※最短で学びたい方向け。LINEで質問し放題。

TechAcademyは1週間の無料体験があります。無料体験のカリキュラムはWebサイト仕組みからHTMLやCSS、JavaScriptなどの基礎を学ぶことができます。無料といってもビデオやチャットのサポートや回数無制限の課題レビューなど盛り沢山です。

無料なのでとりあえず試してみても良いかと思います。

まとめ:プログラミングスクールは安い、知識は無駄にならない

3校のプログラミングスクールをまとめてみました。どのスクールも20~30万円くらいかかりますが、実際にスキルを身に着けちゃえば簡単に回収できるはずです。企業からWeb制作を受注した場合だと、金額感としては次のとおり。

  • 大手企業が発注するWeb制作代金:300万円以上
  • 中小企業が発注するWeb制作代金:50万円以上
  • クラウドソーシングサイトのWeb制作代金:10万円ぐらい

プログラミングスクールにお金を払ってもすぐに回収できることが分かるかと思います。
転職した場合は1、2ヶ月で回収できますし、フリーランスの場合は例えば、中小企業が発注するWeb制作を30万円で1つ受注すれば普通に1ヶ月食えます。

またプログラミングスクールでWebやITの業界を少しでも学んでおけば、学んでいない人と比べて仕事やお金を稼ぐ方法が格段に増えて幅が広がります。
パソコン1台あれば将来的にも安定しますのでぜひこの機会にお試しください。
少しでも参考になれば幸いです。

記事で紹介したプログラミングスクールリスト

  • TechAcademy ※今なら、転職できなかったら全額返金制度あり。1プランお申し込むと、49,000円のトレーニングをプレゼント中。
  • テックキャンプ ※14日間の無条件返金保証もあり。転職できなかったら全額返金制度あり
  • COACHTECH ※最短で学びたい方向け。LINEで質問し放題。

この記事をシェアする