【簡単副業】経験1年のWebデザイナー・コーダーが毎月5万円を稼ぐ方法とは?

【簡単副業】経験1年のWebデザイナー・コーダーが毎月5万円を稼ぐ方法とは?
初心者Webデザイナー

初心者Webデザイナー

Webデザイナー・コーダーが稼げる副業を知りたい、経験がまだ1年くらいしかないけど、具体的な方法や稼げる金額を知りたいな。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Webデザイナー・コーダーが副業で稼ぎたいなら、LP案件がおすすめ
  • 経験1年目のWebデザイナー・コーダーが副業で毎月5万円を稼ぐ3ステップ

この記事を書いている僕は、Webデザイナー兼フロントエンドエンジニアとして経験が8年ほど。
主に50〜100万規模のWebサイトを月に2〜3件のペースで年間約30サイト制作しています。
作業内容はデザインからコーディング、CMS(WordPress)の実装などマルチにやっています。

こういった僕が、解説していきます。

Webデザイナー・コーダーが副業で稼ぎたいなら、LP制作がおすすめ

LPとはランディングページの略称で、簡単に説明すると紙チラシのWeb版みたいなものです。
Web業界ではLP(エルピー)や1ページなのでペライチなど呼ばれています。

なぜLP制作がおすすめなのか説明します。

理由は下記のとおり。

  • 需要がたくさんあり安定している
  • 1ページなので初心者でも取り組みやすい

順番に解説していきます。

理由①:需要が安定している

例えば、あなたが新しい商品やサービスを作ったとします。
そしたらまず何をしますか?
商品を売るために多くの人に知ってもらう必要があるので、Webサイトを作りますよね?

じゃあ、どういったサイトを作りますか?
いきなりショッピングサイトなどの大規模なサイトは作れないですよね。。
そんなときに簡単に1ページでできるサイト、これがLPです。
商品の数だけLPがあるので、需要があり安定している理由です。

LPの実例紹介

LPの参考サイトをいくつかピックアップしてみました。

こんな感じです。

ぶっちゃけ、コーディングの難易度は低かったりします。
近年はWebデザイナーでもコーディングをする時代なので、
基本的なHTMLとCSSがわかれば初心者Webデザイナーでも十分可能です。
もちろんデザインとコーディングを両方できれば報酬はアップします。

理由②:1ページなので初心者でも取り組みやすい

必要なスキルは下記あたりです。

  • HTML,CSS
  • 簡単なjs(jQueryでOK)
  • 簡単なPHP(フォームなどがある場合があるので)

簡単なjsとは、要素をちょっと動かしたりできればOKです。
最近多いのがスクロールしたら表示やボタンのマウスオーバーにこだわる企業が多い印象です。

あとたまにLPの中にお問い合わせフォームがある場合がありますので、PHPの知識があるとどんな案件でも受けることができます。とはいえフォームを1から組むことはないので安心してください。

HTMLとCSSは最低限出来ていないと厳しいですが、会社で作業をするわけではないと思うので、本などで勉強しながらでも十分できると思います。
僕がおすすめの本をいくつか貼っておきます。

経験1年目のWebデザイナー・コーダーが副業で毎月5万円を稼ぐ3ステップ

ここからは具体的にどんな行動をしたら月5万円を稼げるか解説していきます。

LP制作を始める3ステップ

  • ステップ①:コーディングの基礎を学ぶ
  • ステップ②:クラウドソーシングで案件を受注する※ここで月5万円は達成
  • ステップ③:徐々に、仕事の幅を広げてれば月10〜30万も可能

順番に解説していきます。

ステップ①:コーディングの基礎を学ぶ

まずはコーディングの基礎です。
もちろんコーディングの知識があり実践経験がある方は飛ばしてもらってOKです。

Webデザイナーだとコーディングに自信のない方も多いはず。
コーディングの基礎に不安のある方は、無限に学ぶ方法があるのでざっくり紹介します。

  • 本で勉強する
  • ネットで調べて勉強する
  • プログラミングスクールに通う

基礎を学ぶだけだったら、ぶっちゃけ本で十分です。僕もまずは本を買って独学しました。
あとは分からないことがあったらネットでググれば大体解決できます。

全くコーディングの経験がなければプログラミングスクールがてっとり早いです。
オンラインスクールなので時間を気にせず受講できます。ただし学習期間は3ヶ月をおすすめします。
半年や1年かけて学習しようとすると、続かないので挫折します。短期で詰め込んで集中したほうが覚えも早いです。
実際に僕の経験からも制作会社に入り3ヶ月間集中して学んだ事は、8年たった今でも体が覚えています。

継続も大切ですが、ときには短期集中も大切です。

プログラミングスクールは無料体験もあるので、一度無料で試して自分は向いているのか?判断しても良いかと思います。

TechAcademyの無料体験

ステップ②:クラウドソーシングで案件を受注する※ここで月5万円は達成

基礎を学び終えたら、クラウドソーシングに登録して仕事をしましょう。
案件は安くてもやはり実務経験を積まないと、成長できませんので。

クラウドソーシングとは、簡単に説明すると仕事を発注したい企業が、ネットを通じて不特定多数の人々に仕事を依頼したりするためのWebサービスです。

なぜ、クラウドソーシングなのか?

一番難易度が低いから。
Webデザイナーがいきなり企業から受注するのは難しい。
でも、クラウドソーシングならわりと簡単に受注できます。

仕事受注に必要なクラウドソーシングサイト一覧

当たり前ですが、サービス登録しないと1円も稼げません。

クラウドソーシングサイト一覧

すべて登録無料です。
ただ複数登録すれば仕事の受注率も上がりそうな気がしますが、むしろ複数サイトに登録してしまうと、
なかなか1つ1つに注力できないので、全て登録する必要はありません。

まずはこの大手3サイトに登録でOKです。

LP制作の仕事探し方

ランサーズを例にLP制作案件の探し方を解説していきます。
ランサーズのサイドバーから「Web制作・Webデザイン」をクリックして「LP」と検索してみましょう。

上記のように検索すると「LP(ランディングページ)」を抽出できます。

実際の案件イメージ

こんな感じです。ここで大切な部分は「参考URL」です。
クライアントが参考にして欲しいサイトのURLが記載されています。
要するに参考サイトを見て「作れそうだ!」と感じたら、そしたらその案件に提案してOKという感じです。

僕の経験からすると、パッと見て「7〜8割出来そうだな」と感じたら受注します。残りの2〜3割はわからない部分でもググりながら学んで成長できるようにしています。

こういった案件を3件くらいこなしたら、月5万は簡単に超えるかなと思います。

ステップ③:徐々に、仕事の幅を広げてれば月10〜30万も可能

ある程度の実績が増えてきたら、仕事の幅を広げましょう。
例えば下記です。

  • デザインも担当する
  • コーディングも担当する
  • ライティングも担当する
  • サイト運用も担当する

仕事の幅を広げれば報酬も増えますし、色々な案件を選択することができます。
ただすべてを学ばなくてもOKです。

例えば僕の場合はデザイン、コーディング、サイト運用は仕事の経験上できますが、
ライティングの技術や知識はありません。
なので、楽しいと思った分野を一つずつ勉強するのがベストです。

まとめ:あとは行動するだけです

最近だと、プログラミングを学び、すぐに稼ぐ人が多いです。
その理由は「情報が豊富だから」です。

僕が新人のころはクラウドソーシングで仕事を受注して稼ぐといった方法はありませんでした。
しかし現代なら、ちょっとググったり、Youtubeを観たりすると色々な情報が出てくるので、あとは行動していくだけです。

人によっては「5万なんて、安すぎる」と思うかもですが、そもそも5万円を稼げない人には、10万も稼げません。
最初の一歩としての5万なら、人生スパンで考えたときには、大きな一歩だと思います。

っと言うわけで今回は以上です。少しでも参考になれば幸いです。



この記事をシェアする